歯科のホームページに必須のコンテンツと記事作成

まるりん

株式会社乙栄商会の代表取締役 まるりんです。
ハイボールと唐揚げとノーパソがあればなんとか生きていけます。

歯科のホームページを制作するのにどんなコンテンツを掲載すれば良いのか、どんな記事を書けば良いのかお悩みではありませんか?

歯科医師は診療業務に追われて自院のホームページや記事作成にゆっくり時間がとれないのが悩みです。

そこで、この記事では、歯科のホームページに必須のコンテンツをご紹介しながら、記事作成をライターに依頼すべき理由について触れていきます。

歯科のホームページに最低限必須のコンテンツ

 医院長・医療スタッフのプロフィール

歯科のホームページに掲載するコンテンツとして必須なのが、医院長のプロフィールです。学歴・歯科医師歴・所属先の歯科学会・治療実績などを文章で伝え、医院長の写真も合わせて掲載するのが一般的です。

医療スタッフの顔写真入りのプロフィールも掲載しても良いでしょう。

笑顔が素敵な女性スタッフの写真が載っていれば、患者にも安心感が得られます。

歯科医院の治療設備

歯科医院で導入されている医療機器など治療設備について写真入りで詳しく説明します。

医療機器の用途・導入年月・メーカー内・製造国など詳しく掲載します。

専門分野・診療内容・料金体系

歯科医院の専門分野と診療内容について詳しく掲載します。治療内容によっては、健康保険適用対象外となる場合もあるので、料金体系も掲載しておくと治療費の相場を把握しやすいです。

お問合せフォーム

歯科のホームページ上で医師と患者を繋ぐ手段として、お問合せフォームの設置が必要です。治療に関する不安や疑問への回答、予約受付など多彩な目的で利用できます。

所在地・連絡先・休診日・診療時間

歯科医院の所在地・連絡先 (電話番号・メールアドレスなど) を記載します。
初めて来院する人にもすぐにわかるように、Google地図を導入すると良いでしょう。

最寄り駅から何分、バスや電車など交通公共機関の案内文があると来院しやすいです。

車での来院が可能な場合は、駐車場の場所と駐車可能台数について記載します。

個人情報保護方針 (プライバシーポリシー)

メールフォームでは不特定多数の個人情報を取り扱うため、個人情報保護方針 (プライバシーポリシー) に関するページの設置は必須です。

プラスαで歯科お役立ち情報を発信

名刺代わりに歯科のホームページを運営する程度で良いなら、上記で紹介した5つのコンテンツのみでも成立ちます。

しかし、歯科治療についてもっと深く知識を広めたい、歯の健康について多くの人に知ってほしいなら、プラスαでコンテンツを追加するのが望ましいです。
ホームページ内にブログを設置して情報発信で中身をより濃くすると魅力的なホームページに仕上がります。

歯科ホームページの記事作成をライターに依頼すべき3つの理由

歯科のホームページの記事作成をライターに依頼するケースも増えています。
ライターへの依頼がおすすめの理由は下記の通りです。

ライターに依頼すれば更新がスムーズ

歯科医師は日々の診療業務から歯科学会への出席・最新の歯科治療の勉強、医院の運営など、、、
猫の手も借りたいほどの忙しさです。

そのため、歯科ホームページの記事作成に割く時間を確保するのが難しいです。自分が中途半端に更新して日が空いてしまうよりは、プロのライターに依頼したほうがコンスタントに更新作業がはかどります。

長期継続的でライターに依頼すれば、更新作業が滞るリスクを回避できます。

歯学の専門的な知識がない人にも読みやすい文章

歯科医師が記事作成を行う場合、学術的な文章や難解な医歯学用語が出てくることもあります。同業者をターゲットに記事を書いてしまうと、素人にはわかりづらいです。

ライターに記事作成を依頼することにより、歯学に関する専門的な知識のない人にも読みやすい文章になります。

訴求力のある文章

ライターは端的に記事を書くのではなく、幅広い年代に向けて作成することができます。歯科の場合、通院患者の年代層も幅広く、歯科治療の専門分野も多岐に渡ります。

歯科医院で治療を受ける目的は人それぞれで、子どものむし歯治療に親子で通院する人もいれば、審美目的で通院する人もいます。

患者の視点に立って記事作成することが可能で、記事作成の題材が見つかりやすく、訴求力の高い文章になります。

まとめ

歯科医院のホームページ制作は、企画・構築からスタートします。どのコンテンツを掲載すべきなのか、この記事では最低限必要なコンテンツを取り上げてみました。

記事作成まで手が回らない場合は、ライターに依頼しておけば、日々の業務に集中でき、ニーズに見合う記事を納品できるのでおすすめです。

まるりん

株式会社乙栄商会の代表取締役 まるりんです。
ハイボールと唐揚げとノーパソがあればなんとか生きていけます。