取材ライティング技能検定

WRITING CERTIFICATION

取材ライティング技能検定

取材ライティング技能検定とは?

取材ライティング技能検定は、株式会社乙栄商会が発行する民間資格の試験制度です。
記者、編集者、ライター、WEBライター、SEOライターなど、幅広い業務に応用できるスキルを習得する資格試験です。
※「取材ライティング技能検定」 (商願2021-093880)

取材ライティング技能検定によって期待できること

  • 記者やライターとして実務レベルの基礎知識を習得
  • ヒアリング能力の向上やビジネスマナーの学習
  • ビジネスライティングの基礎から応用まで幅広く学習

合格後に得られる証明書の効果

  • 就職面接でスキルの証明が可能
  • 名刺に記入することによって、信頼度がアップ
  • セミナー講師としての活躍が期待できる

こんな人にオススメです

  • ライターとして仕事をしたいが、何から始めていいのかわからない
  • 就職試験をもっと有利に進めるためにスキルアップをしたい
  • ライターとして仕事をしているが、単価をアップさせるために肩書きが欲しい

合格者特典

合格証発行

取材ライティング技能検定に合格された方には試験終了後、
約3週間以内に合格証を発行・発送致します。(A4サイズ)
合格証明書にはIDが記入されます。
尚、合格証の発行・発送料金は無料です

認定カード

合格後、ご希望の方には「認定カード」を発行致します。
発行手数料は税込2,200円です。(送料140円)
認定カードにはIDが記入してあります。
携帯に便利で、いつでも正式な証明書として提示が可能です。

年一回のフォローアップ講座に参加

年一回、資格認定者向けのフォローアップ講座を開催します。
オンラインでご参加いただけますのでお好きな日時で閲覧が可能です。

会員交流会

不定期に開催を予定しておりますが、現在はコロナウイルスが蔓延しているため、交流会は自粛させていただきます。

会員制度について

資格認定後、資格の維持のために一定のスキルを常に維持する必要があるため、
フォローアップ講座を受ける必要があります。

※フォローアップ講座を年一回オンラインで無料(約1時間程)にて行います。

主に、広告規制や薬機法や新たな法改正など、ライターとして知っておかなければいけない知識の習得を目的としています。

また、会員制度によって人脈が広がるため、仕事のご相談が期待できます。

個人会員の方は毎年11月末までに年会費 税込3,850円を、
法人会員様は10月末までに所定の会費をお支払いいただきます。
お支払いいただけない場合は、資格認定が失効いたします。

退会手続きは3ヶ月前までに事務局までご連絡ください。


※非会員の場合、名刺やWEBや履歴書に「取材ライティング技能検定」の名称を利用できません。
ただし、(取材ライティング技能検定 元・合格者 〇〇年に認定)という名称であれば名乗ることができます。
※非会員の方が再度会員になる場合は、再度筆記試験を受けて合格する必要があります。

講師紹介

認定講師:久保田 雄城

1959年東京生まれ。約20年間、講談社インターナショナルに勤務し、2011年に独立。

ディレクターとしてリクルートSUUMO、大手女性化粧品会社等、ライター及びエディターとしてYahoo ニュース、エキサイトニュースやZuu on line、ビジネスジャーナル等、エディターとして書籍出版などの活動。
インタビュアーとしては、ダイヤモンド社、博報堂DYグループ、アルク等の出版社を通じた取材・執筆経験がある。プロデューサーとして博報堂アイスタジオ等で、自動車メーカー等のナショナルクライアントなどに関わる。また、ソーシャルプロダクツ普及振興協会の会員向けニュースレターの編集責任者も務めた。豊かな経験を活かし、『取材ライティング技能検定 認定講師』に選任。

取材ライティング技能検定の学習と取得の方法

取材ライティング技能検定のカリキュラムは「公式テキスト」と「講座」で学ぶことができます。
資格取得は「筆記試験」となり、公式テキスト・講座受講の有無にかかわらず試験のみの受験も可能です。

※表示価格はすべて税込みです