推敲(すいこう)とは?「推敲」と「校正」の違いについて

みゃあ

WEBライターのみゃあ です。
おうち時間が増えて、最近は卵と牛乳にこだわったプリン作りにハマる今日この頃です。

「推敲」という言葉の意味と役割についてご存知でしょうか。

「推敲」と「校正」は同じような意味に捉えがちですが、一見よく似ているようで実は大きく異なっています。

そこで、今回の記事では「推敲」と「校正」の違いについてわかりやすく解説していきます。

「推敲」と「校正」の違い

 「推敲」とは

一般的に「推敲」とは「すいこう」と読み、その文章や詩にふさわしい最適な言葉や表現を求めて、完成度の高いものに練り上げる作業のことを指します。

詩や文章を作成した場合、1度書き上げたものを読み直して、見直すべき点があれば適切な表現に書き換えます。
たとえば、詩・文章・記事などを作成した場合に、1度書き上げたものを読み直す作業を行うとします。その上で、「この部分はこのような言葉に書き換えた方がわかりやすい」「違った言葉に置き換えた方が読者に伝わりやすい」という部分があれば、別の言葉に書き換えます。

「校正」とは

「校正」は、1度書き上げた文章や詩などを読み直して、誤字や脱字、表記ユレの有無についてチェックします。間違った表現や言葉遣いなどがあれば、正しく書きなおす作業を行うのが「校正」です。

「推敲」で記事の品質を高めるための3つの方法

記事を入念にチェック

記事の品質を高めるために、書き上げた文章を読み直す作業が重要になってきます。

記事を書き上げたら、下記の4点について要チェックです。

・くどい表現になっていないか

・同じ表現が複数回使われていないか

・事実とは異なる内容になっていないか

・読み手に伝わりやすいかどうか

・文章に不自然な箇所がないか

「推敲」は2回以上行うのが基本

「推敲」は1回の作業だけでは十分であるとは言い難いです。

書き上げた記事の品質を高めるためにも、最低2回以上行うのを基本と心掛けておくと良いでしょう。

「推敲」専用のツールを活用する

「推敲」の作業は、ライターや編集者による作業だけでは追いつかない場合もあります。
そこで、「推敲」専用のツールが検索するとたくさん見つかります。気になるものがあれば試してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、「推敲」と「校正」の違いについて解説しましたが、いかがでしょうか。

ライティングの仕事で記事をいったん書き上げてから、すぐにクライアントに提出するのではなく、書き上げた文章を一度見直す作業を行うことが肝心です。

記事を読み直した結果、文法間違い・誤字脱字・表記ユレが見つかる確率は高いです。(というより、ほぼ確実にあるはずです)

校正とともに「推敲」にも十分に注力して、読者にストレートに伝わりやすくするのも、ライターや編集者が担うべき重要な役割です。

みゃあ

WEBライターのみゃあ です。
おうち時間が増えて、最近は卵と牛乳にこだわったプリン作りにハマる今日この頃です。