リモート会議でイメージアップ!テレワークのポイントと注意点

さかもと しおり

夫と猫ちゃんの3人暮らし。趣味の宝塚とアウトドアで休むヒマがありません。
三度の飯と、推しが好き。

働き方改革以降、テレワークという働き方が一般化してきました。それと同時に、インターネットを使ったリモート会議も増えてきましたよね。

ここでは、イメージアップにつながるリモート会議のポイントをご紹介していきます。

リモート会議でイメージアップを図ろう

リモート会議は、場所を選ばず相手と会議ができる便利なツールです。

上手に使うことができれば、自分や会社のイメージアップにつなげることができるでしょう。
しかし、テレワークを始めたばかりでリモート会議なんてやったことがない…という方も多いはず。

そこで、リモート会議のポイントと注意点をまとめてみました。

イメージアップのポイント

まず、会議をおこなう場所の選び方です。

どこでもできるからといって、電車の中やパチンコ店でリモート会議を行ってはいけません。
雑音が入らず、顔を映す場合は背景に物が映り込まないような場所がベストです。

自宅であればカーテンや壁を背後にするとか、家族が在宅であれば協力して静かにしてもらうことが大切です。

外で行う場合は、プライバシーが保たれる個室型のコワーキングスペースやカラオケボックス、自家用車の中などがおすすめ。

テレワークというとカフェのイメージが強いかと思いますが、セキュリティ問題や盗み聞きの危険性、そして雑音が入りやすく会議の妨げになることが多いのでなるべく控えましょう。

身だしなみは大事!

パジャマで寝起き姿のままリモート会議に出ようとしていませんか?いくらリラックスして仕事ができるとはいえ、さすがにマナー違反です。

きっちりスーツを着込む必要はありませんが、リラックスできて、かつ清潔感のある服装を心がけましょう。

私のおすすめは、男女ともにジャケットを羽織れるようなリラックス素材の襟付きシャツです。

社内ミーティングは襟付きシャツ一枚で済みますし、初対面のお客様との会議はそれに柔らかい素材のジャケットを羽織ればしっかりとした印象を持たせることができます。

いくつかパターンを用意し、制服のようにローテーションしてもいいかもしれませんね。

オンラインだと話が聞きとりにくい

発言する際はゆっくり・はっきりと話しましょう。

リモート会議はその性質上会話にラグが発生しやすく、会話がワンテンポ遅れて聞こえることがあります。

また、マイクの性能にもよりますが、吐息やリップ音を拾ってしまい相手に不快な思いをさせてしまうことも。

ゆっくりとしゃべればノイズが出るリスクも減りますし、話す内容を事前に簡潔にまとめておけば会議中でも焦らずに堂々と発言することができますので相手からの信頼度も高くなりますよ。

会議の内容と時間を事前に明確にしておく

リモート会議は、それぞれが別の場所で作業をしていることを忘れてはいけません。

自分は自宅にいるからダラダラと会議していても問題ないと思っていても、相手はコワーキングスペースを1時間だけ借りて会議に臨んでいる、ということもあるでしょう。

最初に決めた時間の中で終わりにできるよう事前に資料を共有して目を通してもらったり、画面をキャプチャして議事録を作ったり、出来るだけ時間のロスがないようにしたいものです。

リモート会議の段取りがよければあなたや会社の評価はぐっとあがりますよ。

まとめ

テレワークにおけるリモート会議は便利なツールですが、使い方を間違ってしまうとあなたや会社の評価を下げてしまう恐れもあります。

ですが、ポイントを押さえて上手に利用すればイメージアップにつながり、社内での立ち回りも円滑になりますしお客様からの信頼も得ることができるでしょう。

さかもと しおり

夫と猫ちゃんの3人暮らし。趣味の宝塚とアウトドアで休むヒマがありません。
三度の飯と、推しが好き。