フリーライターが年収を着実に増やすために必要な4つの方法

みゃあ

WEBライターのみゃあ です。
おうち時間が増えて、最近は卵と牛乳にこだわったプリン作りにハマる今日この頃です。

フリーライターに従事する場合、「年収を増やすためにどう対処すれば良いのか」と行き詰まり、悩みを抱えるケースも多いのではないでしょうか。

フリーライターは業務委託契約で仕事を請け負うため、収入面での不安を解消するためには、それなりに努力と根気が必要です。

そこで、今回の記事ではフリーライターが年収を増やすために実践すべき4つの方法について解説していきます。

フリーライターが年収を増やす4つの方法

SOHO求人サイトに登録・応募する

仕事をもっと増やして年収アップしたいなら、SOHO求人に登録しておくと良いでしょう。ほとんどのサイトが登録料・利用料無料ですから、これをおおいに活用することをおすすめします。

SOHO求人サイトには、ブログ・アフィリエイト記事作成、取材ライターなど多彩なジャンルのライティング案件が多数掲載されています。

積極的に応募することで、ライターとしての新しい道が開けるチャンスです。

仕事用のウェブサイトやブログを立ち上げる

ホームページ制作に関するスキルがあれば、仕事用のウェブサイトを作成してはいかがでしょうか。

制作実績・経歴・料金表などのページを作成して、サイト内にブログを設置して記事を更新すれば、多くの人の目に留まることもあります。

ホームページ制作のスキルがない場合は、無料ブログを設置して記事を発信していけば、どの程度のライティング力があるのか、アピールすることも可能です。

スキルの向上を図る

年収アップを目指すには、ライターとしてのスキルアップを図ることも必要になってきます。

たとえば、Webライティングをメインとしている人は、取材ライターなどの新しいジャンルにもチャレンジするのも良いでしょう。

ライティングのみにとどまることなく、データ入力・編集・Web制作など多彩なジャンルに目を向けてスキル向上を図ることで、仕事の幅が広がります。

単発案件よりも長期継続で仕事を請ける

SOHO求人サイトやクラウドソーシングサイトには、単発の案件から長期継続案件まで、多数掲載されています。単発の案件を請けるよりは、長期間で請けた方が収入の安定にも繋がります。

初回は単価が低い場合でも、回数を重ねるにつれて単価がアップする可能性もあります。

まとめ

今回の記事では、フリーライターの長所と問題点、年収を増やす方法についてお伝えしました。

文章表現力豊かなライターも沢山いますが、それだけでは年収アップに直結するのは難しいのが現状です。

ライターとしての実力・営業力・長年積み上げてきた実績に加え、クライアントとの信頼関係を築いていくことが大切です。

時間に余裕があればライターとしてのスキルアップを図り、さらにはライティング以外の分野にもチャレンジするのも良いでしょう。

時間の使い道が自由なのもフリーライターならではの大きなメリットです。
「時は金なり」の言葉を胸に刻み、時間を有効活用することも大切です。

みゃあ

WEBライターのみゃあ です。
おうち時間が増えて、最近は卵と牛乳にこだわったプリン作りにハマる今日この頃です。