コピーライターの魅力と適性・WEBライターとの違いについて

取材ライティング検定_受験

みゃあ

WEBライターのみゃあ です。
おうち時間が増えて、最近は卵と牛乳にこだわったプリン作りにハマる今日この頃です。

テレビCMを見ていて何気なく耳にするフレーズが印象的で、1度聞いただけでいつまでも長く頭の中に残ることもあります。このようなキャッチフレーズを考案するのがコピーライターです。

今回は、コピーライターの魅力と適性についてお伝えしながら、WEBライターとの違いについて比較してみました。

コピーライターとは

 コピーライターとはどんな仕事?

一般的にコピーライター (copywriter) とは、テレビ・ラジオ・ポスターなどの広告制作のジャンルにおいて、キャッチコピーを作る仕事のことを指します。

WEB業界においても有能なコピーライターのニーズが高まってきました。ホームページやバナー広告の短いキャッチフレーズを考えるのもコピーライターの仕事です。
限られた文字数の中で、コンセプトに見合うキャッチフレーズを考案するのがコピーライターに与えられた使命です。
新聞や雑誌にもコピーライターが精魂込めて作成した数多くのキャッチコピーが掲載されているので、探してみてはいかがでしょうか。

コピーライターならではの魅力とは

コピーライターは、商品などのイメージに見合うキャッチフレーズを考案して文字化するのが仕事です。自分が考えたキャッチコピーが、テレビCMで流れたり、街中にポスターが貼られることもあります。
さまざまなメディアで紹介されたキャッチコピーが、多くの人々の心に印象づけられることでしょう。

コピーライターを目指すには

コピーライターを目指すのに、とくに学歴や資格が問われることはありません。

コピーライター志望者向けの通学講座や通信教育などがあります。
広告代理店で勤務しながら、現場で学ぶ方法もあります。

コピーライターに求められる素質とは

コピーライターの適性について

コピーライターは、どのような人に向いているのでしょうか。

  • 言葉を敏感に捉えられる
  • 発想の転換ができる
  • 想像力が豊か
  • 発想の転換ができる
  • 独特のセンスがある

このような方にこそ、コピーライターは向いていると言えます。

コピーライターは一見華やかそうな仕事ですが、とても根気のいる仕事です。

限られた文字数の中で印パクスのあるフレーズを作るまでには時間と労力が必要です。

物事を一直線に捉えるのではなく、多彩な角度から捉え、ちょっとした言葉にも敏感に捉える人に向いています。
他の人にはない独自の感性とセンスのある人や、時代の流れに敏感な人に最適です。

WEBライターとコピーライターの違いとは

それぞれの分野の違い

コピーライターは、テレビ・新聞・雑誌・ラジオ・ポスターなど、広告メディアの分野に深く関わる仕事です。

一方、WEBライターは、インターネット上に掲載する記事を作成するのがおもな仕事です。

言葉の表現の手法の違い

WEBライターはある程度まとまった長い文章を書いて表現することが多いです。

読み手に記事の内容をわかりやすく伝えるのが、WEBライターの使命です。

コピーライターは文章を書くのではなく、短くて印象に残るキャッチフレーズを作るのがおもな仕事です。
「文章を書いてありのままに伝える」といった要素は、コピーライターの場合はほとんどありません。

言葉の表現の手法が、コピーライターとWEBライターではまったく異なります。

文章量で比較すると、WEBライターの方が圧倒的に多くて長いです。

まとめ

今回は、コピーライターの仕事の魅力・適性、WEBライターとの違いについて解説しました。

テレビやラジオや街角のポスターから何気なく飛び込んでくるキャッチフレーズを目に耳にすると、その言葉が強く印象に残ります。
短い言葉だからこそ、より深く心に刻まれるのかもしれません。

言葉は「言霊」とも言われているように、不思議なパワーが秘められています。言葉の使い方次第で多くの人々の心を揺さぶり、時には笑いや感動を届けることもできます。

ひとつひとつの言葉に宿る力を甦らせて、短いフレーズで多くの人にアピールできるのがコピーライターの最大の魅力と言えるでしょう。

みゃあ

WEBライターのみゃあ です。
おうち時間が増えて、最近は卵と牛乳にこだわったプリン作りにハマる今日この頃です。