オウンドメディアの記事の書き方【初心者編】

みゃあ

WEBライターのみゃあ です。
おうち時間が増えて、最近は卵と牛乳にこだわったプリン作りにハマる今日この頃です。

オウンドメディアを安定的に運営していくために、コンテンツ記事をどのように書けば良いのか悩んでいるWEBライターも多いのではないでしょうか。

そこで、今回はオウンドメディアの記事の書き方のコツについて解説します。

記事のテーマ・コンセプトを決定

オウンドメディアに掲載する記事作成に入る前に、どんなテーマで記事を書くのか、どのようなコンセプトにするのか、方向性を打ち出しておくことが肝心です。
どのような人をターゲットにして記事を書くのか、ペルソナを設定しておくと良いでしょう。

記事作成の目的・方向性を明確にしておくことで、記事品質の向上にも繋がります。

記事のテーマに沿った検索キーワードを決めて、構成立案を行います。

構成案を立てる

記事のテーマに沿った検索キーワードを決めて、構成立案を行います。

1つの記事の中に「導入文・本文・まとめ」といった3つの大まかな流れが決まったら、本文の中身について見出しと小見出しを立てていきます。

本文の見出しと小見出しにタイトルを付ける時に、無理矢理キーワードを詰め込むと、不自然になってしまうので注意しましょう。

SEO対策を過剰に意識するあまり、キーワードを詰め込むことで、かえってマイナス評価になることもあります。
読者の目線で、読みやすくてわかりやすい文章の作成を心掛けましょう。

導入文ではユーザーが抱える悩みを提示して、具体的な解決策について提案して、掲載する内容について軽く触れるといったイメージです。

最後の「まとめ」では、本文の中身を見やすく要約するのも良いし、本文で伝えきれなかった部分があれば、補足事項として追記するのも良いでしょう。

記事内に画像を挿入する

オウンドメディアに掲載する記事は、文章だけでも十分です。

しかし、記事の内容をもっとわかりやすく伝えるための工夫も必要になってきます。
視覚的な要素を記事内に盛り込むことで、記事の内容をより明確に伝えることができます。

必要に応じて写真・イラストなどイメージデータを盛り込んでおくと、ユーザーの関心をより強く引き寄せることができるでしょう。

写真やイラスト素材を無料で配布しているサイトもありますので、活用すると良いでしょう。

読者に寄り添う気持ちで記事を書く

オウンドメディアに掲載する記事を書くのに「上手に書こう」と背伸びする必要はありません。

ただ一方的に情報を伝えるのではなく、読者の視点に立ち、親身になって寄り添うような気持ちで記事を書き上げることが大切です。

共感を得られることによって情報が拡散する可能性が広がるのです。

表やグラフを挿入する

記事内に具体的なデータや数値に関する文章を入れる場合は、その内容に沿った円グラフや棒グラフなど、図面化した物を挿入しておくと、ユーザーにストレートに伝わりやすいです。

表やグラフは色分けされているので、記事のページ全体が明るい印象にもなります。

インターネット上で表やグラフを無料で作成できるツールもありますので、活用すると良いでしょう。Microsoft Excelで作成したグラフを保存して、ウェブサイトに貼り付けることもできます。

まとめ

今回の記事では、オウンドメディアの記事の書き方のコツについてお伝えしました。
オウンドメディアに掲載する記事を書いた経験をお持ちの方もいれば、これからチャレンジしたい方もいるでしょう。

先にもお伝えした通り、「上手に書こう」とか「高品質な記事を書かなければ」と無理に背伸びをして、意気込む必要はありません。

オウンドメディアに掲載する記事を初めて書く方でも、読者に寄り添う心を持ち、読みやすくわかりやすく伝えるための努力をしていけば、すんなり受け入れられるでしょう。

みゃあ

WEBライターのみゃあ です。
おうち時間が増えて、最近は卵と牛乳にこだわったプリン作りにハマる今日この頃です。