【2021年版】Webライターが押さえておきたい効果的なSEO対策

まるりん

株式会社乙栄商会の代表取締役 まるりんです。
ハイボールと唐揚げとノーパソがあればなんとか生きていけます。

検索上位表示ってどうやるんだろう?とお悩みではないでしょうか?

グーグルの上位表示の癖を覚えても、アップデートが繰り返されるたびにライター側も順応する必要があります。

この記事では、2021年10月現在で「Webライターなら最低限 押さえておくべきSEO対策のポイント」をお伝えしていきます。

キーワード選定

記事を執筆するうえ、記事の要ともなるキーワード。

このキーワードが適切でなければ狙ったユーザーを獲得できない可能性もあるので、キーワードの選定はとても重要です。キーワード選定では、自社のサービスを必要としているユーザーが検索するワードを考えていきます。

選定するためのポイントとして「競合性」と「検索ボリューム」の2つがあります。
検索ボリュームではキーワードの検索数が分かるので、そのキーワードごとの競合性の多さが可視化できます。

これらの数値を調べる方法は検索エンジンで直接検索する方法もありますが、Googleが提供しているキーワードプランナーを使用すると明確にわかります。

例えば、「旅行」とキーワードプランナーに打ち込むと、、、

このように、一般の方が旅行関連の検索ワードでどんな検索をしているのか?がわかります。

競合性が低いほど検索で上位を獲得しやすくなるものですが、検索ボリュームが伴わなければ意味がありません。また、検索ボリュームが多ければ競合性も高く、上位表示が難しくなります。その反面、上位表示した時の効果は大きくなるでしょう。

検索意図の理解

読み手はどんな気持ちや悩みを抱えてキーワードを入力したのか?それを書き手は理解する必要があります。

キーワードを入力して検索している人は、何かしらの答えを求めているものです。
その答えとなる情報を提供することがSEO対策に必要となります。

例えば、タイトルに書かれてることが本文には詳しく書かれていない、、、というケースだと、読み手の検索意図からかけ離れた内容の記事になってしまい、SEOの低下につながる可能性があります。

悩みを解決したい読み手にとって、知りたいことが書かれていないサイトであれば最後まで読む必要はありません。そのため、離脱率が上がってしまいSEO評価にも影響してしまうのです。

コンテンツの量より質

SEO対策として、他のサイトや記事との差別化は効果的です。

そのため、他のサイトにはない独自性などコンテンツの質が求められます。
Googleで上位表示されているサイトはSEO対策として評価されている記事といえるでしょう。

それらの上位表示されてる記事の内容を参考にしつつ、さらに他にはないオリジナリティを入れることが、コンテンツの質の向上につながります。

ちなみに、このオリジナリティは過剰になりすぎると、ただの変な人・常識を知らない人 だと思われます。
一歩間違えるサイトが炎上する可能性すらあります。

もし迷走しすぎて目の前が見えなくなってしまったら、記事をアップする前に身近な人に「これってどう思う?」と聞いてみるのも良いでしょう。

ユーザビリティ

ウェブサイトやソフトなどの使いやすさや操作性などを表す「ユーザビリティ」。
特に、近年ではスマホで情報を得る人が多い傾向があるため、スマホから見たときに見やすいのか?は大きなポイントになります。

スマホを意識した文章の長さや改行、文字の大きさやアンカーの設置なども検索上位の評価につながります。

完成した記事は一度、パソコン・スマホでプレビューして客観的に確認するようにしましょう。

まとめ

Webライターに必要なSEO対策のポイントをお伝えしました。

SEO対策をすることで、検索結果の上位に表示されやすくなり、多くのユーザーに情報を届けられるようになります。まずはこの記事に書いてある最低限の情報だけでも実行してみると、良い結果が現れると思います。

SEOは意外と地味な作業が多いのでコツコツと日々の努力が不可欠です。

まるりん

株式会社乙栄商会の代表取締役 まるりんです。
ハイボールと唐揚げとノーパソがあればなんとか生きていけます。