WEBライターが仕事選びで気をつけたいポイント

みゃあ

WEBライターのみゃあ です。
おうち時間が増えて、最近は卵と牛乳にこだわったプリン作りにハマる今日この頃です。

フリーランスのWEBライターとして続けていくには、自ら積極的に行動して仕事を獲得しなければなりません。
WEBライター向けの求人は、クラウドソーシングやSOHO求人サイトで簡単に探すことができますが、どのような観点で仕事を選んだら良いのでしょうか。

そこで、この記事では「WEBライターが仕事選びで気をつけたいポイント」について解説しますので、ご興味のある方はぜひ最後までお付き合い下さい。

WEBライターが仕事選びで気をつけたいポイント

自分のスキルに見合う案件を選ぶ

WEBライターとして実務経験が豊富な人であれば、高額案件にチャレンジしてみるのも良いでしょう。しかし、まだ経験が浅い方は、最初から背伸びをせず、自分の身の丈に合う案件を選んでおいた方が無難です。
まずは今の自分に何ができるのか、自己分析してみましょう。

いきなり高額案件に応募して、複数の応募者と比較されて不採用という結果になるよりは、簡単にできそうな案件からチャレンジして実力を伸ばしていくことが肝心です。

要は「自分のスキルと身の丈に見合う案件を選ぶ」ということです。

長期継続案件を選ぶ

高額報酬で単発のイレギュラー案件と、長期継続で低額報酬のレギュラー案件について求人が出た場合、どちらを選びますか?
人それぞれ価値観の違いが出てくるとは思いますが、高額報酬で単発のイレギュラー案件に応募して採用された場合、納品完了時点でクライアントとの委任契約の関係はいったん終了となるケースが多いです。

一方、長期継続で低額報酬の案件に応募して採用された場合、1回目の納品が終わった後も、クライアントとの委任契約は継続します。

最初のうちは単価が低くても、回数を重ねていくうちに納品物のクオリティが上がり、単価を上げてもらえる可能性も十分にあります。

クラウドソーシングとSOHO求人サイトの違い

クラウドソーシングのサイトには、ブログ記事作成・オウンドメディア記事作成・商品紹介記事作成など、WEBライター向けの案件が多数掲載されています。
クラウドソーシングのサイト上で無料会員登録の手続きを済ませておけば、誰でもすぐに利用することができます。

ただし、クラウドソーシング経由で仕事を請けた場合、報酬金額に対して所定の手数料が差し引かれるため、実際の受取額が減少するのが難点です。また、クラウドソーシングサイト独自のチャットツールで連絡のやりとりをするため、コミュニケーションがしづらい場合もあります。

クラウドソーシングでは1回きりの受注で完了するパターンが多く、長期継続的に依頼されるケースが少ないです。一方、求人サイトから応募する場合は、サイトの運営会社に対して手数料を支払う必要はありません。
基本的に応募者とクライアントとの間で直接連絡のやりとりができます。

1案件が完了した後、リピーターで仕事が来る可能性もあります。
無駄な経費を支払うことなく、長期的に安定した収入を得るなら、SOHO求人サイトから応募することをおすすめします。

得意なジャンルを持っておく

ライターにも得意なジャンルや苦手な分野もあります。

まずは、自分がどんなジャンルに精通しているのか考えてみましょう。
宅建の資格を取得しているなら、不動産・住宅・土地に関する記事ならスラスラと書けることでしょう。

音楽に造詣の深い人なら、音楽関係の記事作成はお手の物でしょう。

WEBライターとして収入を増やしたいなら、得意なジャンルを持っておくことが肝心です。

SOHO求人サイトに登録して、プロフィール欄に「得意なジャンル」について記載しておくと、オファーが来るチャンスもあります。

まとめ

今回は、「WEBライターが仕事選びで気をつけたいポイント」について解説しました。
最後のまとめとして、安定した収入を得るためには、長期継続型の案件に応募することをおすすめします。

クラウドソーシングとSOHO求人サイトでは、それぞれの良さがありますので、長所・短所を踏まえた上で上手に活用すると良いでしょう。

最初から背伸びせず、確実にできることから始めて、着実に実力をつけてスキルアップを怠ることなく、常に前進・努力あるのみです。

みゃあ

WEBライターのみゃあ です。
おうち時間が増えて、最近は卵と牛乳にこだわったプリン作りにハマる今日この頃です。