WEBサイトの検索順位が下がった時の対処法とは?

みゃあ

WEBライターのみゃあ です。
おうち時間が増えて、最近は卵と牛乳にこだわったプリン作りにハマる今日この頃です。

「いままではGoogleの検索上位に表示されていたのに、いつのまにか順位が下がってしまった」

そのような経験をした方も多いのではないでしょうか。

ウェブサイトやブログに掲載された記事の品質が良くても、Googleのアップデートなどの関係により、検索順位に大きく影響することもあります。

そこで、今回はウェブサイトやブログの検索順位が下がった時の対処法を解説していきます。

Googleの検索順位が下がる原因

まずは、Googleの検索順位が下がる原因について挙げていきます。

  • 同一サイト内に投稿した記事が重複していた
  • 競合サイトの検索順位が上昇した
  • コピペ記事を投稿した

運営中のウェブサイトやブログに追加で投稿した記事が、同一のサイト内で重複した場合、検索順位が下がってしまうことがあります。

また、競合サイトの検索順位が上がることで、自社サイトの検索順位が一時的に下がることもあります。

ネット上に公開された既存の記事のコピー&ペーストを行うことで、検索順位を下げてしまうリスクもあります。

検索順位が下がった時の対処法

一時的に検索順位が落ちた時は静観する

Googleの検索順位が一時的に下がった場合は、今後上昇する見込みがあるかどうか、しばしの間静観しましょう。

ただし、著しく順位が下がった場合や、長期的に下降が続く場合は、いつまでも静観しているわけにはいきません。

2週間〜3週間と下落し続けている場合は、一日も早く原因を突き止めて、可能な限りの対策を講じる必要が出てきます。

記事タイトルの確認

Googleの検索順位が下がったら、記事のタイトルについていま一度見直してみましょう。
記事タイトルについて何か問題がないか、下記の点に着目してみて下さい。

  • 記事タイトルが長すぎてユーザーが読みづらいのではないか
  • 日本語として意味が通じない不自然な文章になっていないか
  • 記事タイトルに関連キーワードが盛り込まれていないのではないか

記事タイトルは極めて重要な要素となりますので、入念にチェックしましょう。改善すべき点が見つかったら、早めに修正しましょう。

記事品質をブラッシュアップ

記事タイトルだけでなく、記事の内容を今一度見直しておくと良いでしょう。

見直しておくべきポイントは以下の通りです。

  • ユーザー (読み手) に対してわかりづらくはないか
  • 信憑性のある内容をきちんと伝えているかどうか
  • 文章中に不自然な表現が盛り込まれていないか
  • 記事の内容が見出しに合っていないのではないか
  • 掲載する情報が不足してはいないか
  • 古い情報が残っていないか

記事の内容が読み手にわかりづらいと、離脱率を高める原因となります。

難しい専門用語をわかりやすい言葉で伝えるなど、工夫が求められます。

記事内に間違った情報や古い情報が盛り込まれている場合は、正しい内容に書き換え、新しい情報を追記しましょう。

また、不自然な表現にならないよう細心の注意を払いましょう。

Googleのアップデート情報を確認

検索順位に変動が生じた場合は、Googleのアップデート情報を確認しておきましょう。

Googleでは不定期にアップデートを実施しています。

アップデータの規模が比較的小さい場合は、検索順位にそれほど大きな影響が出るケースは少ないようです。

しかし、大規模なアップデートが実施された場合は、これまで上位にランクインしていたのに大幅に検索順位が下がってしまうケースも多々あります。

Googleのアップデートが原因で検索順位が下がった場合は、アップデートの内容について正しく把握した上で、改善策を講じる必要が出てきます。

まとめ

この記事では、運営中のウェブサイトやブログでGoogleの検索順位が下降する原因と対処法についてお伝えしました。
検索順位が下がった場合は、あわてずに冷静に落ち着きましょう。まずは順位が下がった原因を突き止めておくことが肝心です。

検索順位が落ちてしまった場合にさまざまな対策を講じても、すぐに改善するのは難しい一面もあります。元の順位に回復するまでには時間を要することもあります。

記事タイトルや記事の内容なども含め、WEBマーケティング戦略をいま一度見直してみましょう。

みゃあ

WEBライターのみゃあ です。
おうち時間が増えて、最近は卵と牛乳にこだわったプリン作りにハマる今日この頃です。