文章を書くことがつらい時のストレス発散方法5選

まるりん

株式会社乙栄商会の代表取締役 まるりんです。
ハイボールと唐揚げとノーパソがあればなんとか生きていけます。

「文章をずっと書くのがつらい…」「ストレスが溜まってどうにもならない」というお悩みを抱えている方もいらっしゃるでしょう。

ライターに限ったことではありませんが、仕事をしているとストレスを抱えてしまうものです。

特にライターは、一人で文章に向き合うことが多いため、なかなかストレスを発散できずに毎日イライラということもあるでしょう。

ストレスは上手に解消しなくては、仕事のパフォーマンスにも影響してしまいます。
そこで、この記事ではおすすめのストレス発散方法をご紹介します。

運動する

運動して適度に体を動かすことはストレス解消にも効果的です。

ライターは家にこもって文章を書き続けることも多いため、ストレスも増えてしまうことがあります。
家にじっとしていては余計なことを考えてしまうということもあるでしょう。

適度に外に出て運動することで、気持ちが切り替わりストレスが発散されるだけでなく健康にもよい影響を与えられます。

ジムや本格的なスポーツだけでなく。ウォーキングや散歩など適度なリズムで体を動かすこともおすすめです。

簡単な運動でも構わないので、体を動かすことで気持ちもスッキリできるでしょう。

深呼吸する

運動する時間がないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、深呼吸するだけでも十分ストレス発散できるものです。
ゆっくりと深い呼吸を繰り返すと、心が落ち着きストレス解消にもつながります。

深呼吸にもさまざまな方法があるので、自分に合った方法を見つけて日課にすると上手にストレス解消できるようになるでしょう。

趣味の時間を作る

趣味の時間を作り、自分の好きなことに没頭することはストレス解消に効果的です。

料理やスポーツ・読書などどんな趣味でも構いません。
短時間でも自分の好きなことをやる時間は、生活にもメリハリをつけられるものです。

また、趣味の時間を作るために仕事を効率的に終わらせることにもつながるでしょう。

睡眠をしっかり取る

ストレスを抱えていると睡眠がとりにくくなることがあります。

睡眠が不足すると、そのことでさらにストレスを抱えてしまいという負のループにもつながるものです。

フリーライターであれば、仕事の時間が自由にできる反面、睡眠の時間を削って仕事をするという方もいらっしゃるでしょう。

睡眠不足は、ストレスを生み出すだけでなく健康にも影響が出てしまうものです。
オンオフを切り替え、できるだけ睡眠の時間を確保することでストレスを解消でき、仕事の効率もアップするでしょう。

また、睡眠時間だけでなく睡眠の質もアップすることが大事です。
寝る前にはアロマを焚くなどリラックスできるように工夫して、睡眠に最適な環境が取れるようにしてみましょう。

1つのことに集中する

目の前の仕事をしながら、別の仕事のことを考え、プライベートのことも考え…とマルチタスクでは脳もキャパオーバーになってしまいます。

脳は、一度に複数の仕事をこなすことはできず、フル回転し続けるとストレスはたまる一方です。

目の前の仕事にまずは集中するようにしましょう。

一つのことに集中することで、脳も効率を高められ、余計な負担なく仕事に取り組めるものです。

まとめ

ライターの仕事にストレスを感じる時の発散方法についてお伝えしました。

常に一人で文章と向き合うライターはストレスもたまりやすいものです。
ストレスがたまると仕事の効率も落ち、健康にも影響があります。

自分に合ったストレス発散方法で、上手にストレスを発散しながら仕事をしていくようにしましょう。

まるりん

株式会社乙栄商会の代表取締役 まるりんです。
ハイボールと唐揚げとノーパソがあればなんとか生きていけます。