【WEBライター必見】バズる記事作成のコツ

みゃあ

WEBライターのみゃあ です。
おうち時間が増えて、最近は卵と牛乳にこだわったプリン作りにハマる今日この頃です。

「Google検索上位表示でアクセス数を増やしたい、バズる記事にしたい…」しかし、どうしたら良いのかお悩みではありませんか?

バズる記事を作成するには、数多くのユーザーの興味と関心を引き寄せるための工夫が求められます。

そこで、この記事ではバズる記事を作成するためのコツを説明します。

バズるために見直すべき3項目

「バズる記事を書くために、何か特別な対策をとらないと」と思い込んではいませんか?

下記の3点を見直すことにより、バズる記事に近づけてみましょう。

記事作成の題材選び

バズる記事を作成するにあたり、どのようなテーマで書くのか、題材選びが肝心です。

ネットユーザーに興味深い題材は何か、アンテナを張り、最新情報を要チェックです。
ユニーク性・話題性・有益性が高く、なおかつGoogleにはほとんど掲載されていないテーマであれば、バズる可能性があります。

題材が決まったら、WEBマーケティング手法として、上位5位 ~10位のサイトまでを徹底研究し、構成・記事内容を確認しましょう。

対象者 (ペルソナ) の設定

バズる記事作成に限らず、WEBライターが行うべき業務のファーストステップとして、どのような方向性の記事にするのか、対象者を考える必要があります。

記事の内容をどんな人に伝えたいのか? どの年代に訴求すべきなのか?誰に何を伝えるのか?
対象者をあらかじめ設定することが肝心です。

これをペルソナと言い、WEBマーケティングの手法としては、もっとも基礎的なものです。

リード文 (導入文) は簡潔にまとめる

記事の本題に入る前に、リード文 (導入文) を作成します。
スマホ普及により、外出中や電車の移動中にもネットサーフィンをする若者が増えており、小画面に長い文章が詰め込まれた記事は敬遠される傾向です。

リード文が長文だと、何について誰に向けて書かれているのか把握しづらく、本題の文章読む前に離脱されてしまいます。

リード文の書き方の掟として、短く完結するのが基本です。

・ユーザーにありがちな問題や悩みを提起

・ユーザーの悩みに寄り添い問題解決方法を提示

・問題解決に記事内容と対策を紹介

最初の1文目でユーザーにありがちな悩みや問題点を提起します。
2文目に、問題解決に向けての具体的な対策・方法について提案します。

最後の3文目に問題解決に向けて、本題の具体的な内容に触れるといった流れです。
リード文は、200文字前後にとどめておくと良いでしょう。

バズる記事作成で3つの心得

 根拠のない情報やデマは禁止

「バズる記事を書くなら、意表をついた内容でなければ」と勘違いしてはいけません。
根拠のない嘘の情報や一方的にデマを流す行為は禁止です。

「バズる」と「炎上」の違いを理解すべき

ネガティブな内容や批判的な記事をネット上に公開するのも望ましくありません。
WEBライターは、記事作成を通して不特定多数の人々に言葉を伝えることで、多大な影響を与えることを踏まえておくべきです。

最悪の場合、掲載記事により炎上するなどの不祥事発生に繋がり、WEBライターとしての信頼を損ねてしまいます。「バズる」と「炎上」の違いを正しく理解しておくのは、WEBライターとして最低限必要な心得です。

改行なしの文章は読みづらい

有益性の高い情報を発してしているつもりでも、改行なしの文章はユーザーにとって読みづらいものです。

記事本文の長さにより、2 ~ 3行、3~4行で一塊にして、適度に改行することで、読みやすくなります。

外部ツールを活用しよう

SNSシェアボタンを設置しよう

SNSシェアボタンを設置しておくことを忘れずに。ひとりでも多くの人に記事の内容を伝え、拡散するために、今やSNSシェアボタンの設置は必須です。

記事をシェアやいいねをされると、不特定多数の方が閲覧する可能性が高いです。これが数珠繋ぎになっていくことがいわゆる「バズる」という状態です。

OGPの設定

OGPとは、ウェブサイトやブログに掲載中の記事がSNSでシェアされた際に、記事タイトル・概要・リンク先URLなどの情報を表示させるシステムです。

多くのユーザーに記事内容を簡潔に伝えられるのが大きなメリットです。

まとめ

この記事では、バズる記事作成のコツと心得・見直しポイント・記事投稿後に行うべき対策についてお伝えしました。

WEBライターは、単にクライアントの指示通りに記事作成作業に徹するだけではなく、プラスαで機転を利かせることも必要です。

ネット上には多彩なジャンルで不特定多数の記事が公開される中で、他記事との差別化を図るための工夫が求められます。

みゃあ

WEBライターのみゃあ です。
おうち時間が増えて、最近は卵と牛乳にこだわったプリン作りにハマる今日この頃です。