「~したり」はNG?ライターなら知っておきたい基本的な使い方

まるりん

株式会社乙栄商会の代表取締役 まるりんです。
ハイボールと唐揚げとノーパソがあればなんとか生きていけます。

「~したり」という表現は日常でもよく使われます。

気軽に使える表現でもありますが、間違った使い方をされている場合も多いのです。
文章では間違った使い方をすると相手に与える印象も変わってくるので、とくにライターは正しい使い方を理解する必要があります。

この記事では、「~したり」の使い方や誤りについて分かりやすくお伝えします。

「~したり」の基本的な用法

「~したり」や「~たり」といった言葉は、並列助詞と呼ばれるものです。

2つ以上の言葉を等しい関係としてつなぐ役割であり、同じ並列助詞には「山と海」の「と」や「犬も猫も」の「も」などがあります。

並列・列挙の意味で使用されるのが一般的で、「~したり、~したり」というように繰り返して使うのが正しい使い方になります。

・午後からはおやつを食べたり、公園で遊んだりします。
上記のように、「~したり」が2つセットになった使い方が正しい使い方です。

3回以上繰り返すと読みにくく、くどい印象になるので回数が多くなる場合は他の言い回しで表現するほうが良いでしょう。

「~したり」の例文

「~したり」で列挙する言葉は対の意味を持つ動詞や名詞を使うのが一般的です。

・飲んだり食べたりして過ごします。

・寒かったり暑かったり

また、基本的には同じグループの動詞や名詞とともに使うものです。
例えば、次の文章はどう感じるでしょうか?

・明日は、ドライブしたり勉強したりします。

なんとなくすっきりしない感じがしますね。

「ドライブ」と「勉強」は同じグループとは言い難く、並列させるバランスが悪いものです。
「ドライブ」と「勉強」が絶対にないとは言えません。

また、「~したり」の使い方でよくある間違いは「したりします」という使い方です。
英語で言うと「do & do」です。ライターの方でも平然と「したりします」という使い方をする方がいますが、これは大間違いな使い方です。誤用しないよう注意しましょう。

「~したり」のよくある誤用

よく誤用されるのが次のような文章です。

・本を読んだり散歩して過ごします。

上記のように、後半の「たり」を省略する誤用が多いものです。
「~したり」は繰り返して使用するのが基本的で、原則として動詞や名詞1つにつき1回使用したものが2つセットになります。

上記の例では、正しくは次のようになるのです。

・本を読んだり散歩したり、毎日楽しく過ごしてます。

また、口語で可能性や推測を表す表現で1回のみ使われることがあります。

・犯人は〇〇だったりしてね

・明日も雨だったりするんじゃない?

このように、もしかしたら~かもしれないという意味合いの場合にも使われるものです。
ただし、上記の表現は少し砕けた印象となるので使う場面に気を付けましょう。

上記のように「~したり」は1回のみで使用できる場合もありますが、口語と文語を混同してしまうことで誤用が発生する場合があります。

文章が長くなるほど後半の「たり」を省略してしまう間違いが増えるものです。
これらはよく誤用されているので、ライターとしては正しい使い方で伝えることが大切でしょう。

まとめ

「~したり」の使い方についてお伝えしました。

「~したり」は2つの言葉をつなぐものであり、基本的には2回繰り返して使うのが正しい使い方です。
しかし、ビジネスシーンで多用すると「幼稚でダラダラとした話し方だな」と捉えられる場合があるので、できれば使わない方がベターでしょう。

この記事を参考に、「~したり」の正しい使い方を理解し、正確に伝えられるようにしてください。

まるりん

株式会社乙栄商会の代表取締役 まるりんです。
ハイボールと唐揚げとノーパソがあればなんとか生きていけます。